一時的な白髪染めの種類について

一時的な白髪染めの種類について

27 2月, 2017

白髪染めで一般的に使われているのがヘアカラータイプで、薬剤を塗って染めるので、洗髪しても色落ちするようなことはなく、長期間染まった状態を保てます。髪の表面から内部に薬剤を染み込ませ、髪の色を変化させて染めるので、しっかり染まりますが、髪にダメージを与えやすく、強い臭いがするのも難点です。髪にダメージを与えたくないなら、即効性はなく、染料が定着しにくいですが、洗髪するたびに徐々に染めていく、シャンプータイプやトリートメントタイプがおすすめです。

白髪染めランキングを参考にしてみるとヘアカラータイプのようにしっかり染まらなくても、一時的に黒くなれば良いという方には スプレータイプやスティックタイプの白髪染めがおすすめです。白髪隠しとも呼ばれますが、塗るだけで一時的に染めることが可能で、携帯性にも優れています。白髪が目立つ部分や、染め残しを一時的にカバーすることが出来ます。

スプレータイプの白髪染めは、髪の毛に直接染料を吹きかけ、一時的に染めたいときに重宝します。即効性があり、色つきも良いので、一度吹きかけるだけで、白髪が多い人でもムラなく染められます。髪の毛の奥までは染料が浸透しないので、髪へのダメージも少ないですが、水溶性なので雨や汗などで落ちやすく、洋服に色がつくことがあります。

スティックタイプの白髪染めは、生え際だけを一時的に染めたい場合などに役立ちます。髪の表面に色をつけるだけなので、髪へのダメージが少ないですが、色落ちもしやすく、雨や汗などで流れて、洋服を汚すこともあります。